FC2ブログ

想う生き物

様々なものを「想う」毎日を「明るく・楽しく・いやらしく」ワキャキャと書いていきたいです。

2017-03

2月

気がついたら2月だった。

年明けから仕事はバタバタしているし、引越先は決まらないし、まだここに書けない大き過ぎるモヤモヤがあったりして何ともかんとも落ち込みっぱなしで1月を終えて気がつけば2月・・・。

良くないщ(゚ロ゚щ) こんなの良くない!

仕事がバタバタは年度末だから仕方ない。やるしかない。
嫌ならこの業界から抜けるしかない(笑)

引越先が決まらないのは「んもー」なんだけど、ふと気がつけばね
うちは猫が2匹ということで「ペット可」の物件の中でも「犬のみ可」「猫1匹のみ可」なんて色々あるから狭き門なんだけど
そうそう、ああ、良い物件だな~と思って読み進めると

「外犬のみ可」

・・・・・・・・・・・これってペット可っちゃー可なんだけどさ・・・・・なんかさ・・・・

5匹も8匹もじゃ困るってのは分かるんだけど1匹が良くて2匹がダメって理由がちょっと分からないんだよな~
いや、「ウチの子はお利口さんなんです!というかペットじゃないんです!家族です!」と言いたい訳じゃないんだけどさ
1匹が良くて2匹がダメってさ、大家さん、猫1匹の行動力をちょっと甘く見てるよね(笑)

断じて「ペットじゃなくて家族(うちの子)です」という人をディスるわけじゃないことだけは分かって欲しいんですが、木蓮はどこまで行っても猫すけ達は「子」じゃなくてペットだと思ってる。
ペット感覚って言われちゃうとすごく軽んじてるみたいだけど、ペットだからこそ飼い主だからこそ猫すけ達が寿命を全うして天国に旅立つまでの責任があるんだと思ってる。
何歳になっても、自立する事はない、猫すけ達を残して先に逝く訳にはいかないから自分も健康でなければならないし、もしもの時に対処できる保険制度や医療費の備えをしなくちゃいけない
ペットを飼うということは「かわいい~」だけじゃ出来ない。それなりの経済力も必要だ。
ペットと思ってる=「かわいい~」だけ 家族と思ってる=責任をきちんと持ってる って訳じゃないだろうしなぁ
どう思ってるかで愛の深さは違わないのではなかろうかと思ってる次第です。はい。

もうずっと前だけど猫すけの事を書いた時に「木蓮さんはなぜ猫すけの事を「家族」または「息子」と書かないの?」と聞かれたことがあったのでここで唐突に返事をブッコんでみた(笑)


ん?ここまで書いて思ったけど、引越しが難航してるって記事、上がってる?

あがってないじゃーーーーーーんщ(゚ロ゚щ)


あげました(笑)


で、色々見たけど「んー」なんでヤケクソ気味に審査が厳しいと有名(らしい)ダイワハウスの新築物件にシャアシャアと申込してみて返事待ち(笑)
一種の現実逃避ですな(笑)

なんで「猫2匹OK」と言われて見に行った物件で大家さんに「あ~、2匹なんだ~」と嫌気な顔されないといけないんですか、と

じゃあNGってすればいいじゃん!щ(゚ロ゚щ)

こっちだって暇持て余してんじゃないんだよ!щ(゚ロ゚щ)

で、シタテ気味に「フヒヒ、すみません~」なんて言って物件見たらクソボロくてさ

前に住んでたの熊?って聞きたくなるような荒れ放題加減で、おまけに茶色い水が出てくるような水道で「あ~、2匹なんだ」

(y゚ロ゚)y こっちにも断る権利はあるんだぞー

(y゚ロ゚)y なめんなー

で、笑顔で「やめときます^^」っていうと急に「え?2匹歓迎だよ?」だって

笑かすな!

・・・・・・・ああ、荒んでる。木蓮ってば

今年、おみくじ大吉だったんだけどな・・・・・トホホのホ

旅立ちの朝

金曜の夜、実家へ帰った時の話。

泊まりだったのでお風呂を済ませ母と「さあ、呑むか」って時に叔母(母の妹)から電話

「かあさんが姉さんと木蓮を呼べって」

去年から昼は母が夜は叔母が祖母を看ている。
昼間はほとんど寝ているので比較的楽らしいのだけど、夜は寝ずに大変らしい。
フルタイムで働きながら夜は祖母を看ている叔母(早くに旦那さんが亡くなってからずっと1人)はかれこれ半年以上自分の家で寝ていないらしい

祖母の家に着くと叔父(母の兄)と叔母(奥さん)も居て、ベッドに腰掛けている祖母の前に全員が座った所で祖母は実に清々しい顔でこう言った

「突然呼び出してごめん、これまた突然だけど私は今夜眠ったまま死ぬと思います」

Σ(゚ロ゚;)ええええええええ(木蓮、心の声)

「どこかが痛いとか苦しいとかじゃない、ただ分かる。この歳になるとお迎えが来るのがどうやら分かるみたい。
歳を取って動けなくなってからは子供達、嫁に迷惑をかけてワガママを言って申し訳なかった。
何度首を絞めてやろうか!と思っただろうに、堪えて今日まで看てくれて本当にありがとう。
お迎えの予感を感じてから私は精一杯ワガママを言ったし、駄々をこねた。だからもうやり残したことはない。
ってなわけで、寝る前に皆にお礼を言っておきたいから呼んだ。」

そう言ってから割とポカンとしている叔父、叔母(奥さん)、母、叔母(母の妹、叔母が二人出てくるから妹叔母の事は「のりちゃん」と書く※いつもそう呼んでいるので)木蓮と年の順に自分の前に呼び、感謝の言葉と、健康で長生きするようになんてワンポイントアドバイスなんかを個々にした。

木蓮には「良く出来た優しい孫を持って、ばあちゃんは幸せだった。欲を言えば曾孫が見たかったけど木蓮が幸せならそれでいい。息子達には息子がいるから良いけど、木蓮のお母さんと、のりには息子がいないから大変だろうけど出来るだけ良くしてやってな」

※母には息子がいますwwwwwww(心のツッコミ)

全員と話を終えると祖母はさっさとベッドに横になり「こんなに人がいると落ち着いて眠れないから解散」と手をヒラヒラと振る

「最近こんなことばっかり言ってるんだよ、気にしなくていい」と「はいはい」な空気の母とのりちゃん
「人騒がせだなぁ」なんて言いながら叔父夫婦が帰り、木蓮たちも自宅に戻り呑んで寝た。


夜中3時、叔母から母に電話

「かあさんの呼吸が浅いし顔色も良くない、もしかすると本当に・・・・」

慌てて着替えて再び祖母宅に集合した叔父夫婦と母と木蓮

横向きに寝ている祖母はさっきより明らかに青白い顔で、消えるような細い呼吸をしている

御年95歳の祖母には持病がない、なので主治医から「もがき苦しんだり血を吐いたりの突発的な事以外は救急車を呼ばず朝まで待て」と言われいるらしい(救急車を呼んだりすると搬送の際に風邪を引いて肺炎を起こして大変になるという理由らしい)

呼んだは良いが、呼ばれたは良いが何をしたらいいか分からず長い事全員が沈黙

叔母「・・・・でもさ、95歳で病気で痛いも苦しいもなく眠ったまま旅立てるなら大往生だよ」

「厳しい人だったけど、教えてもらったこともたくさんある」そう言いながら叔母が祖母の足をさすり、叔父が続く「嫁姑大変だったわwww」
そこから祖母との思い出話に花が咲く、あ、そうだあの話、全員の視点から聞いてみたかったんだ

母に子供の頃の話を聞くと必ず出てくる鉄板ネタの「秘密基地事件」
家の裏の廃墟にお菓子やおもちゃや本を持ち込んで秘密基地にしていた3兄妹
ある日誰かが「寝られたらもっと良い」と言い出して、3人はよりによってお客さん用の一番良い布団を廃墟に持ち込もうとした
当然途中で見つかった3人、母とのりちゃんはすぐに祖母に掴まってゲンコツもらって正座して大泣きしていたのだけど、すばしこい叔父がヒラリヒラリと祖母の手をかわすのが可笑しくて、ゲラゲラ笑っていたら再び祖母からゲンコツをもらったという話

「そんな話、木蓮良く知ってるなぁwww」叔父が笑う
「そう言えば、布団を持ち込もうって言い出したの誰だっけ?」祖母の手をさすりながら母
「兄ちゃんだよ」逆の手をさすりながら、のりちゃん

のりだろ?兄ちゃんだよ!なんてやり取りを終え「・・・・かあちゃんのゲンコツは本当に痛かった」と3人が再び祖母に視線を送る
そんな声に少しも反応せず弱い呼吸を繰り返すだけの祖母

再びシンミリ「お茶でも入れようか」と叔母が立ち上がった時、祖母が小さく咳込んだ

「・・・・かあちゃ・・・ん・・・・」

3人が今までより深く祖母の顔を覗き込み背中をさする
3人は子供の頃の話から既に泣いていて、咳込んだ瞬間に号泣していた


「・・・・ッケホ」






祖母の口から原型を留めたままの、イチゴがコロリ・・・・


正しくは大粒のイチゴがゴロリ


( ゚Д゚)・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みるみる血色を取り戻した祖母は大きく息をしてムクリと起き上がり

「なんだ?どうした?お前達」とスタスタとトイレへ

どうやら流れとして

祖母が寝た事を確認したのりちゃん、2時にシャワー

その瞬間を待っていた祖母、いそいそと起き上がり冷蔵庫のイチゴを堪能
最後に一番大きいのを取っておいたら、思いの外早くのりちゃんが出てきそうな気配を感じたのでポイと口に放り込んで慌ててベッドに戻り寝たフリ

詰まったんだけど、そのまま就寝

母「昼間も夕飯の後もイチゴ食べたじゃない・・・」
祖母「あんなジャムみたいなのウマくない」※飲み込みが大変になっているので刻んで食べたらしい
叔母「なんで詰まったまま寝るのよ・・・・」
祖母「餅じゃないから世話無いかと思って」※世話無い→平気
叔父「・・・ったく、あんなこと言われた後だから余計心配して眠れなかったぞww」
祖母「なかなか死ねないもんだなwwwww(爆笑)」

まったくもぅwwwみたいな空気の中、1人だけ親戚の贔屓目で見てもどう見ても鬼の形相で

のりちゃん「いいかげんにしろーーーーーーー!」

のりちゃん「人の目を盗んで夜中にイチゴ食べるなんてありえない!許せない!もう知らない!勝手にしろ!それから兄ちゃん!眠れなかったなら1日位介護替われ!!!!私は明日も朝が早いんだ!!!」

一番若いとはいえ、のりちゃんも60歳、フルタイムで働きながら熟睡出来ない生活をしていたら「まったくもぅwwwばーちゃんってばwww」とはならないに決まってる

なのに一気に空気が和んでしまったから、みんなつい安心してしまったのも仕方ない

のりちゃん噴火、他シュンとしてる中、祖母だけが

「そうだ木蓮、今日、テレビで白いイチゴ観たんだ~(おねだり)」

今、イチゴの話だけはやめてwwwwwww


そして本日(1月31日)現在も祖母は元気(笑)

旅立ちは、まだ先のご様子(o゚Д゚)ノそれでいいのだ☆







計画

土曜日、柳田さんと街呑みに繰り出した。
お気に入りのお店で好みを知ってくれてるマスターの出してくれるツマミでキャンキャンのビールを呑む。

真冬なのにジョッキをキャンキャンに凍らせてくれてるところが好きを通り越して愛おしい。

お互いにリラックスした時間を過ごした。

移動中、柳田さんは運転中だったけれどお酒を呑む前にどうしても話したかった事を切り出した
家を建てる事を2年計画にしようという話。

本当は今すぐにでも、午後一にでも結婚したいけど、だからこそキチンと準備してから生活を始めたいことを話した。
私達は若くない、その為の蓄えをきちんとして、後々何かあった時にアップアップしない準備をしてから生活を始めたい。
柳田さんは実家で、私はボンとの折半生活でなら、それが可能だけど勢いで家を建てて生活を始めたらそれは若干難しくなるかもしれない。

現在、私も柳田さんも、そして2人としての貯金はあるけれど、ご存知の通り借金生活をしていた私と、同じく(額面は全然違うけど)赤メガネさんに給料のほとんどを搾り取られていた柳田さんは年齢平均より貯金が少ない。
それはそれとして(それは個人のものだし)結婚する2人の為にそれなりの蓄えをしようという提案
2年で新生活諸々、結婚に当って変わる生活や必要な物を揃える事で全部使ってしまっても態勢に影響ないお金を貯めよう

おかしなことは言ってないと思っているけど、言い方によっては柳田さんのプライドを傷付けてしまう気がして年明けから中々言えなかったことをきちんと言えた。

「もう少し先」ではなく「2年」と期限を設けるということは、スタート地点を決めるという事でもある。
なんかこういう話をして「私達って結婚するじゃん?」という前提で会話をすすめる事がコワかったりもした(笑)

勢いもタイミングも大事だけど一番大事なのは備え、何度も言うけど若くないしねw

柳田さん的にはお正月の親子呑みで勢いとタイミングを感じながらも「大丈夫かな・・・」という気持ちも少しあったみたい

「いや、元気で働けてれば大丈夫なんだけど何かあったらって部分の備えは確かに乏しいもんね」

なんだか生生しい話になったけど、結婚するんだもん生生しい話しない訳にはいかない。
何も年齢平均に拘る必要はないけど、でも自分達の現状がどうなのかは言いにくいけど一度ハッキリさせておかないといけないと思っていた
これは私の周りだけかも知れないけど、建設業で稼ぎの多い人ほど備えに関心が薄い気がする
これまた狭い世界の話だけど、うちの会社なんかは建設の中でも専門業種なのでぶっちゃけ職人や監理技士(柳田さんとか妖精さん、キモ)なんかのお給料はスゴい(残念ながら事務系のお給料は別の意味でスゴイ(涙))
職人さんは良い車に乗って大きい家を建ててなんて羽振りのいい人も多いんだけど、驚く事に生命保険加入率がものすごく低い
年末調整をやっているから分かるんだけど、現状30人以上いる現場系社員で生命保険に入っている人は5人いない
結婚もしてて子供もいるのに大丈夫なんだろうか・・・・と他人事ながら毎年心配してしまう。

そういう人は資格やそれこそ叩き上げのスキルで正直どこでも仕事は出来ると思う。でも自分がその体力でずっと働いて、その稼ぎを得られるかと言えば何があるか分からないのが人生ってやつで
少し前まで「宵越しの銭は持たない」なんていうTHE職人が羽振り良くしていたのを見ていたからなのか、若い世代も遣い処は違えど何たってフワフワしてる

ま、あくまで群馬の田舎の小さな会社の中での話だけども


そんな生生しい話を全部終えて、晴れて2年計画スタート!に「えいえいおー!」

しっかり蓄えて、でもそればっかりじゃなくて楽しい事もちゃんとして、新しい一歩を踏み出そう

蓄えてもギスギスして愛情が萎んじゃったら意味ないもんね(oゝД・)b

呑み会は2年計画とマイホームの話で盛り上がった。
計画頑張っても1年に一度くらいは飛行機乗って旅行したいよね、家で一番日当たりが良い場所に猫すけたちが寝れる出窓作ろう!と柳田さんのウキウキが止まらなくて木蓮もニコニコしちゃった

その中で一番驚いたのが、間取りの話(気が早い)になって私が「柳田さん部屋」(以前、柳田さんは一緒に暮らしても1人になれる場所が欲しいと言ってた)と言ったら

「えー!そんなのいらないよー!木蓮が見えないのは淋しいもん」

Σ(゚ロ゚;)そうなの?

「いらないいらない、・・・・もしかして俺を閉じ込めて木蓮1人の時間が欲しいの?・・・・・」

Σ(゚ロ゚;)ちがうちがうちがう!

そんな意識改革が行われていたなんて初耳なんですけど!










分かってないよね

今日はワキャナイトだったんだけど、夕方に協会に呼び出しをうけ待ち合わせギリギリ
回避しまくってた群馬全域の講習会…開催日が決まってしまった(。>д<)


ギリギリ帰ってオムライス作るのが精一杯で足毛を一網打尽出来ずにホテルへ

お風呂掃除して、そそくさにお風呂へ


「呼ぶまで絶対来ないでね(真顔)」


本当に来ない柳田さんが好きよ(笑)


で、今日は色々焦っていてアチコチ血が出てしまった


「んもぅ…」


そう言いながらティッシュをあてがいながら

「生えてても気にならないよ?」


もうすぐ7年、この面倒臭い生き物と付き合ってるのに、分かってませんね、乙女心を

「木蓮も分かってないですね、俺は木蓮に毛が生えてるくらいで何も変わらないって事」

(。>д<)

分かりたいけど、そこはやっぱり乙女心を優先したい。


毛を剃るから来ないで、だって乙女の諸事情って呼んでる
分かってるけど納得して(深追いしないで)くれてる柳田さんなんだから



流血は天使の涙位に思ってくれて良くない?


(笑)

自分で笑っちゃったよ









詰め合わせ

あれは確か3連休前の木曜日だったか

いわゆる仕事始め、今年の初日帰り温泉は絶っー対にアブラ臭温泉と決めていたので迷わずGO☆(病院の後ね)
久しぶりにタケシもジョーカーも居て、皆考える事同じだねーなんて、今年もよろしくねーなんてメッチャハートフルな時間を過ごして、鬼の形相で歩行浴して、なんならサウナで若干ノボせて、体重計を見て見ぬフリして・・・・回数券一枚を物の見事に満喫して颯爽と退館するあたり、さすがプロ。


とりあえず薄目で乗ってみましたが、84キロジャスティーでした。

思ってたより太ってなくて安堵&安堵


ま、そんな正月太りの話は置いておいて、まだ火照るというかノボせてる身体を愛車のシートに預けてスマホを開いて見ましたら、1通のメールですよ
ホクホクして開いて見ましたら、今までコメント以外の連絡先を知らなかった想う生き物を読んで下さっている少々マニアックありがたい方から連絡先を教えてくださるメールでした。

*・゜゚・*:.全力でっ。..。.:*・゜(n`∀`)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*ありがたすっ!!!!

そりゃもうNボックスの屋根を突き破るほど飛び上りそうな喜び

ほら、木蓮ってばコメント少ないブログ部門ではFC2さんで3年連続1位じゃないですかー、怒涛の4連覇かかってるじゃないですかー
んでもってリアルにも心許せる友達が少ない事で北関東大会制覇してるじゃないですかー

orz・・・・・・(涙)

ちょっと盛ったけど決して嘘じゃない上記の諸々で木蓮ってば舞い上がりましてね

1回コメントしただけで拒否権あるとは言えお友達認定されちゃうブログですよ?
そこに連絡先教えちゃうってことは、

メッチャチャレンジャー☆略してメッチャレ

恐いもの知らずでオバちゃん心配になっちゃうレベルですよ

木蓮がオオカミだったらどうするんですか?

食べちゃいますよ?

とまあ、それから夜な夜な「おへそ出して寝てないかしら?」と遠い親戚のオバちゃんばりに想いを飛ばし続けてるわけなんですけどね、そのメールがまた連絡先の詰め合わせなんですよ
一瞬「どの連絡先にするのがベストなんだろう?」と考え込んでしまいましたw

もちろん、住所、氏名、年齢、職業なんて視聴者プレゼント的な内容はありませんでしたけどね、世はインターネッツ社会。

木蓮がどこにでもいるような普通のBBAだったから良かったようなものの、もしハッカー的な人で、アホなブログは仮の姿で実は僅かな個人情報から個人を特定する能力に長けていて、有り余る脂肪を送りつけることが目的の悪の秘密結社だったら

どーすんのぅ!!щ(゚ロ゚щ)

あ~、オバちゃん心配。

ってことをメールアドレスとか教えていただくたびにヤイヤイ言うからウザいんですね(笑)わかります(笑)

しかも教えてと言っておきながらwwww

ウザい!ウザすぎる!

喜び表現がウザすぎる!(笑)



で、ですよ、無事に連絡取れたんですけど、これがまた禁断のワードをサラリと言っちゃうわけです

「末永くよろしく」的な

さては小悪魔かっ(*ノωノ)

そりゃもうチェリーボーイに胸の谷間見せるようなもんですよ
木蓮はチェリーボーイじゃないから良かったようなものの全くもって小悪魔さまです!ドゥフフフフ

・・・・・・・え?社交辞令?なにそれ?美味しいの?


あ、木蓮は色々とおかしくて残念な太り人ではありますけど、真人間ですから(笑)その辺はご安心あれですよ(oゝД・)b

ああんもう♥嬉しくて自分のブログなのに支☆離☆滅☆裂☆www

スマホに向かって「hey!支離滅裂」って語りかけてsiri立ち上げたいくらい嬉しい

新年早々喜びをありがとうございます*:・(*-ω人)・:*

木蓮、いきなり神様が現れて「ごめーん、その出来事で1年分の喜びブっこんじゃったわー」って言われても普通に許す。

OK、読んで下さっている皆さま、ならびに教えてくださった方がテンションに少々ヒいてるのは木蓮、感じてる(笑)
特に「もし機会があったら・・・」と思ってくださっている人の機会が遠退いたのはガッツリ感じた(笑)

でもね、喜びは表現したいじゃないですか♪
全感情を全力で表現していくのが想う生き物の目標であり、木蓮の「生き様」だと常々思ってますからね

生き様wwwww

なんだろ?生き様って言うと自然と笑顔になれるwww

どんな些細な事でも良いので、例えば玉ねぎを微塵切りする時とかに

「これが私の生き様じゃーい!」って思ってやってみてください

無駄にテンションが上がりますからwwwwww








 | HOME |  次頁へ移動する»

 

はじめまして

木蓮

Author:木蓮
木蓮と言います。
ちょっとだけお引越ししましてドキドキしております。

基本アホな事を書きますが時に「いやらしい事」を書く予定がありますのでご用心(≧∀≦)ご用心て…。

毎日の色々な想い・想い・重い(ボディ)をワキャキャと書いていけたらいいなぁなんて思っております。

初心者であまり仕組みを理解しておりませんが、リンクしていただけたりすると嬉ション漏らす勢いで喜びます(≧∀≦)嬉ション!

こんなお下劣な木蓮でございますが、どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

来て下さった皆さまー(≧∀≦)

月別アーカイブ

カテゴリ

想う日々 (833)
このブログになった経緯の話(木蓮が出来るまで) (8)
日常の話 (422)
闇の話 (100)
どうでもいい話 (14)
「ハナ」だった頃の話 (34)
父の話 (31)
美デブ道 (207)
過去記事 (268)
ゴスちゃんの話 (15)
未分類 (31)
オネェ (78)

(*ノωノ)ランキングデスッテー

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
11103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
419位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

おリンクー(≧∀≦)したいですー

このブログをリンクに追加する

チラッチラ(*ノω゚)ノ

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR